ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

ミャンマーの停戦協定の動向(少数民族問題解決に向けた終わりなき協議)

2017年1月23日、2年超にわたって目立った進展が見られなかった全国停戦協定(NCA : Nationwide Ceasefire Agreement)に2つの武装勢力が追加加盟することが明らかとなった。

NCAは、前政権(USDP政権)が総選挙直前となる2015年10月15日に以下の武装勢力との実質的和平を実現したもので、長らく続く少数民族との武力衝突の解決に向けた大きな一歩として国際社会からも高く評価されていた。

  1. RCSS : Restoration Council of Shan State
  2. KNA : Karen National Union
  3. DKBA : Democratic Karen Benevolent Army
  4. ABSDF : All Burma Students’ Democratic Front
  5. CNF : Chin National Front
  6. PNLO : Pa-O National Leberation Army
  7. KNU/KNLA Peace Council
  8. ALP : Arakan Liberation Party

 

但し、NCAの締結に向けて幅広い武装勢力との協議を行いはしたものの、2015年当時最終的な合意に至ったのは8勢力のみであり、当該8勢力は全体の兵員数からすれば2割強と、全国的な停戦とは程遠いものでもあった。

下の図は、2015年の停戦協定の実現の際に現地メディアによって報道された各勢力の兵員数であるが、特に2大勢力と言われているKIA(Kachin Independence Army)とUWSA(United Wa State Army)は含まれていない。

このことからUSDP政権が選挙対策を意識し、全国的な和平が進んでいるとの印象を広める為に、まずは締結を急いだとの見方も出来る。

 

Source : Myanmar Times October 16, 2015

※ 各武装勢力との個別の和平協議の状況は、こちらを参照。

 

総選挙において大勝を果たした現政権(NLD政権)は、USDP政権の方向性に沿って2016年以降、少数民族との和解を政権の最優先課題に位置付け、21世紀パンロン会議(21st Century Panglong Conference)を開催、和平協議を継続してきた。

しかしながら、武装勢力によるミャンマー国軍への信頼は薄く、NLD政権であってもNCAの枠組みに取り込むことは思うように進んでこなかった。

 

今回加盟が決まったのは、The New Mon State Party (NMSP)とLahu Democratic Union (LDU)の2つであり、いずれも限定的な勢力しか有していないグループである。

但し、当該2グループは2017年10月15日に開催されたNCA締結2周年イベントに出席していた。この会合には当該2グループを含む以下の勢力の出席が見られ、これらのグループとの間では一定の停戦協議が進展しているものと考えられる。特に、この中で、SSPPやTNLAについては、一定の勢力規模を有すことから、将来的なKIAやUWSAの取り込みに向けた布石となることが期待される。

  1. UNFE (United Nationalities Federation Council)
  2. New Mon State Party (NMSP)
  3. Karenni National Progressive Party (KNPP)
  4. Arakan National Council (ANC)
  5. Lahu Democratic Union (LDU)
  6. Shan State Progress Party (SSPP)
  7. Ta’ang National Leberation Army (TNLA)
  8. Northern Alliance

Source : Myanmar Times October 16, 2017

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 12月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031