ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:経済・事業環境

2020年ミャンマー総選挙の見通し(NLD政権の勝算の行方を大胆予想)

アウン・サン・スー・チー率いる 国民民主連盟(NLD:National League for Democracy)による5年間の政権運営を国民に問う次回総選挙が5ヶ月後に迫る。 新型コロナの感染拡大により総選挙の延期も取り立たされ…

詳細を見る

ミャンマー政府が新型コロナ対応経済プラン(CERP:COVID-19 Economic Relief Plan)を公表

2020年4月27日、ミャンマー政府は、感染拡大が広がる新型コロナへの経済対応として、COVID-19 Economic Relief Plan(CERP)を公表。現地の企業経営者は概ねミャンマー政府の前向きな対応を好意的に見ているようだ…

詳細を見る

ミャンマーの金利事情に激変(コロナ対応で政策金利を3度の連続利下げ。ミャンマー経済へ与える影響は?)

2020年4月27日、ミャンマー中央銀行(CBM:Central Bank of Myanmar)は、新型コロナ感染拡大に伴う対応として、今年3度めの利下げを行った。合計の利下げ幅は3%となる。 ミャンマーの政策金利は、2012年に…

詳細を見る

ミャンマーの銀行預金・貸出金利が引き下げへ(ミャンマー中央銀行は市中金利を0.5%引き下げることを決定)

2020年3月12日、ミャンマー中央銀行(CBM: Central Bank of Myanmar)は、預金金利及び貸出金利をそれぞれ0.5%切り下げることを決定した。実施日は4月1日。 現在ミャンマーでは、預金金利は8%を下限、ま…

詳細を見る

ミャンマーの政治構造(2020年総選挙で様子見姿勢の投資家が動き出す。選挙システムをわかりやすく解説)

<最新の選挙見通しについては、こちら> 現行憲法化で3回目となる次回総選挙が1年後に迫る。 アウンサンスーチー率いるNLDが歴史的大勝を果たした前回総選挙(2015年11月8日)から4年が過ぎ、今後のミャンマー経済を見通す観点…

詳細を見る

ミャンマー経済の今を知る(ミャンマーブーム後の踊り場から抜け出せるのか)

2019年11月現在、ミャンマー国内の景況感は総じて芳しくない。というよりも、2016年3月の政権交代以降、基本的には下降トレンドが続いてきた。 一体、いつ反発してくれるものなのだろうか。 外国投資金額の推移は盛り上がりには欠…

詳細を見る

ミャンマーの民度を考える(ミャンマー人の国民性は経済的な豊かさをもたらすのか)

日本人は民度が高いと言われる。 特に近隣国との差異において、多くは自国民が、稀に他国からもそのように評価される場合があるように思う。 「民度」とは、国民性の水準、或いは国民の行動形態・モラルの成熟度を示すものとして使われている…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(年次報告 Annual Return)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 第5回となる今回は、年次報告について取り上げる。 年次報告とは 旧会社法では、全ての会社に対してAnnual Reportの提出を義務付けていた。が、実際には必ずしも決算情報等…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(定款の取扱い、MOA/AOAからConstitutionへ)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 今回は、旧法で悪評の高かった定款について取り上げる。   定款の位置付けの変更 旧会社法では、定款(MOA / Memorandum of Association)と附属定款(…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(小会社の新設、財務諸表の監査義務が免除)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 第3回となる今回は、新設された小会社の取扱いについて取り上げる。   小会社の新設 全ての企業を規模の如何に関わらず一律に取り扱っていた旧法から改められ、新会社法では小規模企業…

詳細を見る
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031