ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:経済・事業環境

ミャンマー投資の話には注意(投資詐欺から身を守る為の知識。上場企業 Listed Companyと公開企業Public Companyの違いとは)

ミャンマー企業への投資を考える際に、投資対象となる企業の法制度上の位置付けを正確に理解しておく必要がある。 でなければ、そもそも投資することが出来ない対象への勧誘を受け、詐欺に陥る可能性さえ否定できないだろう。実際にそうした話は、過…

詳細を見る

ミャンマーの国家財政と税収の関係(納税企業ランキング:Tax Payer List)

ミャンマー政府は開発が遅れる電力インフラや教育への予算増額を意図するものの、これを阻害しているのが慢性的な財政赤字である。 公務員の汚職の一因は民間対比極めて低いサラリーにあるが、財政赤字の中では現実的に給与の引き上げは難しい。 財…

詳細を見る

ミャンマー日系進出企業数と進出業種(サービス業が先行、エネルギー不足を背景に製造業は依然様子見)

ミャンマーへの進出企業数が延びてこない。 新政権(NLD政権)へ移行した2016年から明らかに新規の進出ニーズが落ち込んでいるように感じる。ミャンマー進出支援を行う当社にとっても2017年は非常に厳しい年であった。 <…

詳細を見る

ミャンマーの景気状況(新政権2年目の2017年の景況感はすこぶる悪化)

2017年12月現在、ミャンマーの景気はすこぶる悪い。 新興国の中でもラストフロンティアと呼ばれるミャンマーの景況感が悪いと言われれば、違和感があるかもしれない。 当地の事業家の意見を集約すると2016年末から2017年前半にかけて…

詳細を見る

外国人に対するミャンマー不動産投資がついに解禁へ(コンドミニアム法の施行規則公表により外国人による不動産投資ルールが明確化)

長らく待たれていたコンドミニアム法(Condominium Law 2016)の施行規則(Rules)が、2017年12月14日、建設省(Ministry of Construction)の都市住宅開発局(DUHD : Depart…

詳細を見る

ミャンマー人口構造・行政単位・宗教・都市化の状況

海外進出を検討するにあたっては、単に国全体の人口や主要な宗教程度の知識では無く、より細部にわたって把握しておくことが重要だ。 今回は、2014年の国勢調査の結果を踏まえて、ミャンマーの国の行政単位や人口構造等について簡単に解説して…

詳細を見る

ミャンマーの税制(法人税、商業税及び個人所得税)

ミャンマーの法人・個人にかかる税制について、最低限知っておきたい知識を中心にまとめていく。 なお、ここでの情報は2017年11月現在のものであり、最新の情報については現地の専門家に確認して頂きたい。 <法人税> ミャンマーの法人税(…

詳細を見る

ミャンマーの会計基準(MFRS:Myanmar Financial Reporting Standards)とACCAの普及

ミャンマーでは、会計基準として国際会計基準(IFRS : International Financial Reporting Standards)を2009年に採択し、これをMFRS(Myanmar Financial Report…

詳細を見る

ミャンマーの財政年度が変更へ(3月決算を改め9月決算に。2018年10月からの財政年度は10/1~9/30)

2017年10月31日、ミャンマー政府は財政年度をこれまでの3月決算から(4/1-3/31)から9月決算(10/1-9/30)に変更することを決定した。 ミャンマーでは5月より11月頃までが雨季であり、この期間、大型の建設プロジェク…

詳細を見る
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031