ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:投資環境

Stay or LeaveからActivate or Leaveへ(名義取締役の禁止を通じた事業活性化策)

今般、1月17日付で名義株主(Nominee Shareholders)及び名義取締役(Nominee Directors)の禁止を明確化するDirectiveがDICA(Directorate of Investment and Com…

詳細を見る

ミャンマー事業撤退の実際(法人清算・法人株式売却の選択肢)

乾季に入り晴れ間が広がる一方、ミャンマー経済には晴天の兆しは見えません。 ご承知のとおり、ミャンマーを取り巻く経済環境は一層厳しさを増しています。特に、クーデター以降、国内における外貨不足は深刻化しており、中国等へ向けた対外債務の返…

詳細を見る

年末のご挨拶(Trust Venture Partners)

各位 相変わらず年の瀬を感じさせないヤンゴンの気候の中、激動の2021年がまもなく終わりを迎えます。 コロナ禍のクーデターはミャンマー経済の土台を根本から覆し、ミャンマーに関わる多くの日系企業・関係者の皆様が、出口の見えないト…

詳細を見る

ミャンマー資産の購入事業を開始【ミャンマー再生ファンド(MRF:Myanmar Revitalization Fund)が始動】

ミャンマーにおける事業環境が急速に悪化に向かう中、また今後の見通しの不透明感が強まる中、TVPグループではミャンマー事業の縮小・撤退を考える企業様からの資産購入事業を開始致しました。 詳細はプレスリリースをご覧ください。(プレスリリ…

詳細を見る

ミャンマー情勢の最新情報 Vol.2(経済制裁の行方を注視)

※ 本記事は、2021年2月2日(火)ミャンマー時間9:00に執筆しています。 ※ 2月1日よりCloubhouseにて音声による情報発信を開始しました(@myanshin)。 軍事クーデター勃発から一夜明けたヤンゴン…

詳細を見る

ミャンマーの政治情勢が緊迫化(軍事クーデターは経済に壊滅的な影響)

※本記事は、2021年1月30日(土)に執筆しています。 ※ミャンマーの政治構造の基本情報については、こちらを先にご参照ください。 ミャンマーの政治情勢が少なくとも民政移管(2011年)以降、最大級の緊迫化を迎えている…

詳細を見る

ミャンマー経済の現状(2020年9月現在、新型コロナによるミャンマー経済への影響は長期化する可能性)

ミャンマーでの新型コロナウィルスの感染は、2020年3月23日に初めて確認された。海外から帰国(米国及び英国)した2名から発見されたことを受けて、3月末には国際空港が閉鎖され、実質的な海外との行き来を制限する措置が取られた(ANA…

詳細を見る

ミャンマー進出・投資のポイントを本気で解説(第4回:パートナー選定ミスは致命的。ミャンマーでの合弁会社設立の要点)

ミャンマーへの進出・投資を検討する際のポイントを徹底解説。 第4回となる今回は、ミャンマー市場におけるパートナー選定のポイントについて取り上げる。ミャンマーに限らず、特に新興国への進出に際しては仮に100%子会社や支店設立…

詳細を見る

ミャンマー進出・投資のポイントを本気で解説(第3回:人事が成功の可否を決める。新興国ビジネスを経営出来る本社体制とは)

ミャンマーへの進出・投資を検討する際のポイントを徹底解説。 第3回となる今回は、ミャンマーの人事、特に駐在員人事を中心に取り上げていく。 これまでの2回では、ミャンマーに参入する必然性、また参入する際のポジショニング…

詳細を見る

ミャンマー進出・投資のポイントを本気で解説(第2回:参入市場の構造を理解。市場エコシステムの中でのポジショニングとは)

ミャンマーへの進出・投資を検討する際のポイントを徹底解説。 第2回となる今回は、新たな市場に進出するにあたって求められる「市場エコシステムの理解」について取り上げていく。 前回の記事では、数ある海外市場の中で何故ミ…

詳細を見る
2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728