ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:資本市場

ヤンゴン証券取引所の上場企業の開示状況(YSX上場企業の適時開示ルールを解説)

YSXでは上場企業へ適用するルールとして、「Securities Listing Business Regulations」を定めており、そこでは上場企業の適時開示について以下のとおり規定している。 Section 14. Discl…

詳細を見る

ヤンゴン証券取引所の流動性(YSXの値幅制限、呼値)

ヤンゴン証券取引所(YSX)への市場の関心が弱まっている背景として、流動性の低下が指摘されている。 YSXの年間の売買代金回転率(売買代金÷時価総額)を計算してみると、2016年度の7.0%でもその低さに懸念を覚えるが、2017年度の…

詳細を見る

YSX内に上場推進専門チームが発足(上場企業開拓に向けた活動が本格化)

2018年3月26日、ヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)は取締役会の承認(3月25日付)を受け、4月2日より上場コンサルティング部門(Listing Consulting Division)を新設す…

詳細を見る

ヤンゴン証券取引所が取引回数を引き上げ(板寄せ回数を2回から4回へ)

2018年3月28日、ヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)は、2018年3月30日より取引所のマッチング回数を従来の2回から4回へ引き上げることを公表した。 2016年3月の…

詳細を見る

TMH Telecom Public Co., Ltd.が上場(注目のYSX初の公募案件の初値状況)

2018年1月26日、TMH Telecom Public Co., Ltd.(TMH)が、ヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)で5社目となる上場を果たした。 ※同社の公募の募集状況等は、こちら…

詳細を見る

ミャンマー企業による海外市場でのリバーステイクオーバーによる上場(Reverse Takeoverを解説)

リバーステイクオーバー(RTO : Reverse Takeover)は、Reverse Merger或いはReverse IPOとも呼ばれ、未上場会社が既存の上場会社の買収を通じて、新規の上場申請のプロセスを経ることなく上場を果たすもので…

詳細を見る

ミャンマー関連株式(Memories Group Limited, Reverse Takeoverでカタリストへ上場)

ミャンマー国内の資本市場であるヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)に対する注目が高まることが期待される一方、外国人投資家にとっては依然投資が認められておらず、そのため、海外市場で上場するミャンマー企業…

詳細を見る

TMH Telecom Public公募条件の決定(ヤンゴン証券取引所初となる注目の公募増資)

2018年1月11日、TMH Telecom Public Co., Ltd.hは最終目論見書を公表し、ブックビルディングの結果を受けた公募条件を明らかにした。 当初公募価格の仮条件は1株あたり3,000~3,300 Ksとされていた…

詳細を見る

ミャンマー証券会社によるオンライントレーディングが開始(投資家による株式売買がオンラインで可能に)

2017年12月26日、ミャンマー証券取引委員会(SECM : Securities Exchange Commission of Myanmar)は以下の4つの証券会社がオンライントレーディング開始にかかる審査を通過したとして、取引の開始…

詳細を見る

FPB中間決算発表(First Private Bankの2017年9月中間期は前期比ほぼ横ばい)

2017年12月14日、ヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stcok Exchange)に上場するFirst Private Bank(FPB)は、2017年度上期(2017年4月~9月)にかかる中間決算を発表。 &nbs…

詳細を見る
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31