ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:経済・事業環境

第4の通信オペレーターがついに参入(急成長を果たすミャンマー通信業界の競争が更に激化)

2018年6月9日、第4の通信オペレーターとなるマイテル(Mytel)がようやく正式にサービスの開始を発表した。 これまで、KDDI及び住友商事と提携する国営のMPT、ノルウェー系のテレノール(Telenor)、カタール系のオーレド…

詳細を見る

ミャンマーのPEファンド(デルタキャピタルが70百万ドルの第2号ファンドを組成)

2018年4月、ミャンマーに特化したPE ファンド(Private Equity Fund)としては最大の規模となるDelta Capitalが第2号ファンド(MOF II : Myanmar Opportunities II)とし…

詳細を見る

ミャンマー新会社法(会社法の施行時期が2018年8月1日に決定)

2018年6月21日、ミャンマー大統領府(Office of the President)は、告示(Notification 48/2018)により新会社法(Myanmar Companies Act)の施行時期を2018年8月1日…

詳細を見る

ミャンマー税務(源泉徴収税の廃止が決定)

2018年6月18日、ミャンマー計画財務省(MOPF:Ministry of Planning and Finance)は、告示(Notification 47/2018)を公表し、7月1日よりミャンマー国内居住者に対して支払われる…

詳細を見る

ミャンマーの人口ボーナス期(37歳で日本社会を抜け出し、ミャンマーで独立を決めた理由)

突然ですが、今の日本の平均年齢をご存知だろうか? 普段取り上げられる話でも無いので、知らない人も多いが、正解は47歳。 なるほど高いけど、そんなものかな、と。   37歳でミャンマーから帰国した時、会社に残るべきか、ミャンマーに戻る…

詳細を見る

ミャンマーエネルギー事情に変化(2021年までに電力供給量を倍増へ)

2018年1月、ミャンマー政府は2021年までに現在の電力供給量を倍増させる計画を公表した。ガス火力発電所の建設を急ぐ。   ミャンマーでは、現在51百万人の人口をかかえる中、電力の供給を享受出来ている割合は3分の1程度であり、都市…

詳細を見る

ミャンマーでのホワイトマネー(White Money)を取り巻く環境(2018年税法にかかる国会での議論に注目)

ミャンマーでは近年ホワイトマネー(White Money)の取り扱いについて広く議論されてきた。 White Moneyとは、Clean Moneyとも呼ばれ、当地では要は税金支払い後の資金を指す。 広く税の支払いを免れる慣習が広が…

詳細を見る

ミャンマー新会社法の状況(会社登記費用が25万チャットへ引き下げへ)

2017年12月6日に国会を通過した新会社法(Myanmar Companies Act)が、2018年8月1日より施行される見通しだ。 計画財務省傘下にある投資企業管理局(DICA:Directorate of Investmen…

詳細を見る

ミャンマーの内戦と少数民族問題(停戦協定の行方)

2017年1月23日、2年超にわたって目立った進展が見られなかった全国停戦協定(NCA : Nationwide Ceasefire Agreement)に2つの武装勢力が追加加盟することが明らかとなった。 NCAは、前政権(USD…

詳細を見る

ミャンマー企業のコーポレートガバナンスの状況(企業の透明性と会計整備が競争力を左右する)

2012年から開始した証券取引所開設プロジェクト、その初期におけるチャレンジはミャンマー企業の実態があまりにも不透明であり、網羅的・体系的に企業情報を把握することがほぼ不可能なことにあった。 これは当局、特にDICAによる企業関連の統計・取…

詳細を見る
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031