ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

カテゴリー:経済・事業環境

ミャンマーの政治構造(2020年総選挙で様子見姿勢の投資家が動き出す。選挙システムをわかりやすく解説)

<最新の選挙見通しについてはこちら(2020年6月) とこちら(2020年10月)> 現行憲法化で3回目となる次回総選挙が1年後に迫る。 アウンサンスーチー率いるNLDが歴史的大勝を果たした前回総選挙(…

詳細を見る

ミャンマー経済の今を知る(ミャンマーブーム後の踊り場から抜け出せるのか)

2019年11月現在、ミャンマー国内の景況感は総じて芳しくない。というよりも、2016年3月の政権交代以降、基本的には下降トレンドが続いてきた。 一体、いつ反発してくれるものなのだろうか。 外国投資金額の推移は盛り上が…

詳細を見る

ミャンマーの民度を考える(ミャンマー人の国民性は経済的な豊かさをもたらすのか)

日本人は民度が高いと言われる。 特に近隣国との差異において、多くは自国民が、稀に他国からもそのように評価される場合があるように思う。 「民度」とは、国民性の水準、或いは国民の行動形態・モラルの成熟度を示すものとして使わ…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(年次報告:アニュアルリターンAnnual Returnとは)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 第5回となる今回は、年次報告(Annual Return)について取り上げる。 <年次報告とは> 旧会社法では、全ての会社に対して企業情報を網羅的に記したアニュアルレポ…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(定款の取扱い、MOA/AOAからConstitutionへ)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 今回は、旧法で悪評の高かった「定款」について取り上げる。   <定款の名称の変更(日本語では一緒)> 旧会社法では、定款(MOA / Memorandum of Ass…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(小会社の新設、財務諸表の監査義務が免除)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 第3回となる今回は、新設された「小会社」の取扱いについて取り上げる。 <小会社の区分を新設> 全ての企業を規模の如何に関わらず一律に取り扱っていた旧法から改められ、新…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(株主総会決議、公開・非公開企業)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 今回は、株主総会決議要件、公開企業(Public Company)・非公開企業(Private Company)の定義について取り上げていく。 <株主総会決議> 新会…

詳細を見る

ミャンマー商工会議所連合会(ミャンマー最大の商工会:UMFCCI)

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI: Union of Myanmar Federation of Chambers of Commerce and Industry)は、イギリス領インド時代の1919年に設立された。 現在7…

詳細を見る

ミャンマー新会社法を解説(外国会社の定義変更、常駐取締役規定の新設)

2018年8月1日に施行されたミャンマー新会社法を地道に解説。 初回は、注目度の高い外国会社の定義の変更、及び常駐取締役の取扱いについてから始めていく。 <外国会社の定義> 今般の会社法改正の最大の目玉の一つとなった外国会社の定義…

詳細を見る

ミャンマーの人事・労務(雇用契約、休暇、社会保障、解雇補償の取扱い)

海外での企業経営を行う際に、その国の人事・労務にかかる基礎知識は欠かせない。 特にミャンマーでは、この分野について複雑な法制が敷かれているので注意が必要だ。個別の規定毎に法令が分散されており、労働法という一つの法令が存在するわけでは…

詳細を見る
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031