ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

ミャンマー事業環境(ドゥーイングビジネス2018で171位へと下落)

2017年10月31日、世界銀行(World Bank)はDoing Business 2018を公表。

ミャンマーの全体順位は昨年の170位より1つ順位を下げて171位(190ヶ国中)となっている。

過去5年間の推移及び周辺国との比較を以下のとおりまとめた。

2014年の全体順位182位から見れば若干の改善は見られるものの、民政移管後の前政権(USDP政権)及び現政権(NLD政権)による改革の成果が大きく見られる状況とは言い難い。

個別順位を昨年対比で見ると、不動産登記(Registering Property)を除いて悪化若しくは同順位となっている。特に近年注力領域と位置付けられているエネルギー領域については、過去5年間で最も悪い151位と低迷している。

周辺国との比較においても総じてミャンマーのビジネス環境は悪く、建設許可の取得(Dealing with construction permits)と納税(Paying Taxes)においてカンボジアを上回っている以外の全ての項目において下位に位置付けられている。

ミャンマー市場の魅力が強調される一方、厳しい事業環境の現実にも目を向ける必要性が感じられる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031