ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

ミャンマーの財政年度が変更へ(2018年10月から10/1-9/30へ)

2017年10月31日、ミャンマー政府は財政年度をこれまでの4/1-3/31から10/1-9/30に変更することを決定。

ミャンマーでは5月より11月頃までが雨季であり、この期間、大型の建設プロジェクトは敬遠される傾向がある。ミャンマー政府の説明によれば、現行の財政年度では前半が雨季に当たり経済活動へ負の影響があるとのこと。

これに伴い企業決算年度も変更される可能性はある。中間決算を行っている企業は上場企業等の一部企業に限定され、多くの企業が年度決算のみを行っている。これまで、ミャンマーの新年である4月に年度決算業務が行われてきたことからすると、会計期間の変更は実務上は望ましい影響が見込まれる。

決算年度の変更を伴う場合は、法人税の支払い時期についても同様の取り扱いになるものと考えられる。

2018年4月-9月決算の取り扱いについては現時点では不明なものの、法人税の取り扱い上、前年度或いは次年度と合算した18ヶ月決算を許容する可能性は低く、6ヶ月決算を要請されるのでは無いかと想定される。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031