ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

ミャンマーの銀行(外資系銀行の支店ライセンス状況)

ミャンマーでは、現在13の外資系銀行がミャンマー中央銀行(CBM : Central Bank of Myanmar)から支店ライセンスを与えられ事業活動を行っている。

2014年10月に公表された第一期の認可では、CBMは6カ国9社に対してライセンス発行。国別では、日本3、シンガポール2、マレーシア1、中国1、タイ1、オーストラリア1と日本に対する厚遇ぶりが際立った。この際、12カ国・地域の25行が免許申請していたが、インド、韓国、台湾などの銀行は漏れた。

続いて2016年3月に公表された第二期の認可では、ベトナム1、韓国1、台湾1、インド1と前回漏れた国が中心となった。

外資系銀行は、ミャンマーに進出した海外企業や地元銀行などに対し融資や貿易決済、海外送金などのサービスが提供可能。但し個人向けの金融サービスは国内銀行を保護するために外銀の参入は認められない。なお、外銀の資本金要件は75百万ドルとされている。

番号

銀行名

認可日

事業開始日

1.

The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd

2-4-2015

22-4-2015

2.

Oversea-Chinese Banking Corporation Ltd

2-4-2015

23-4-2015

3.

Sumitomo Mitsui Banking Corporation

2-4-2015

23-4-2015

4. United Overseas Bank Limited 30-4-2015 4-5-2015
5. Bangkok Bank Public Company Limited 26-5-2015 2-6-2015
6. Industrial and Commercial Bank of China 26-5-2015 1-7-2015
7.  Malayan Banking Berhad (Maybank) 27-7-2015 3-8-2015
8. Mizuho Bank Limited 27-7-2015 3-8-2015
9. Australia and New Zeland Banking Group Limited 29-9-2015 2-10-2015
10. The Joint Stock Commercial Bank for Investment and Development of Vietnam (BIDV) 30-6-2016 1-7-2016
11. Shinhan Bank 15-9-2016 20-9-2016
12. E.Sun Commercial Bank Limited 27-9-2016 3-10-2016
13. State Bank of India 27-9-2016 3-10-2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031