ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

ヤンゴン証券取引所の上場企業の開示状況(YSX上場企業の適時開示ルールを解説)

YSXでは上場企業へ適用するルールとして、「Securities Listing Business Regulations」を定めており、そこでは上場企業の適時開示について以下のとおり規定している。 Section 14. Discl…

詳細を見る

ヤンゴン証券取引所の流動性(YSXの値幅制限、呼値)

ヤンゴン証券取引所(YSX)への市場の関心が弱まっている背景として、流動性の低下が指摘されている。 YSXの年間の売買代金回転率(売買代金÷時価総額)を計算してみると、2016年度の7.0%でもその低さに懸念を覚えるが、2017年度の…

詳細を見る

ミャンマー初の信用調査機関が設立(信用情報の提供により金融機関による貸出しの円滑化が期待)

2018年5月18日、ミャンマー中央銀行(CBM : Central Bank of Myanmar)はミャンマーで初となる信用調査機関(Credit Bureau)の設立を認可した。 認可を受けた会社は、Myanmar Credit…

詳細を見る

ミャンマーの人事・労務(雇用契約、休暇、社会保障、解雇補償の取扱い)

海外での事業活動(法人組織運営)を行う際に、人事・労務にかかる基礎知識は欠かせない。 特にミャンマーでは、個別の規定毎に法令が分散されており、労働法という一つの法令が存在するわけではないことから、参照すべき原典が分かりづらく面倒だ。 …

詳細を見る

第4の通信オペレーターがついに参入(急成長を果たすミャンマー通信業界の競争が更に激化)

2018年6月9日、マイテル(Mytel)がようやく正式にサービスの開始を発表した。 これまで、KDDI及び住友商事と提携する国営のMPT、ノルウェー系のテレノール(Telenor)、カタール系のオーレドゥ(Ooredoo)の3社で携…

詳細を見る

ミャンマーのPEファンド(デルタキャピタルが70百万ドルの第2号ファンドを組成)

2018年4月、ミャンマーに特化したPE ファンド(Private Equity Fund)としては最大の規模となるDelta Capitalが第2号ファンド(MOF II : Myanmar Opportunities II)としてUS7…

詳細を見る

ミャンマー新会社法(会社法の施行時期が2018年8月1日に決定)

2018年6月21日、ミャンマー大統領府(Office of the President)は、告示(Notification 48/2018)により新会社法(Myanmar Companies Act)の施行時期を2018年8月1日にするこ…

詳細を見る

ミャンマー税務(源泉徴収税の廃止が決定)

2018年6月18日、ミャンマー計画財務省(MOPF:Ministry of Planning and Finance)は、告示(Notification 47/2018)を公表し、7月1日よりミャンマー国内居住者に対して支払われる際に適用…

詳細を見る

ヤンゴンの不動産価格(高止まるオフィスとレジデンス賃料が駐在費用を押し上げる)

外資系企業のミャンマーへの進出意思決定に際して常に障害になるのがヤンゴンの高い不動産価格だ。 バンコクやホーチミンと比較し、不動産そのもののクオリティは決して高く無いものの、その価格は他の都市を決して下回る事は無い。 オフィスの…

詳細を見る

ミャンマーの人口ボーナス期(37歳で日本社会を抜け出し、ミャンマーで独立を決めた理由)

突然ですが、今の日本の平均年齢をご存知だろうか? 普段取り上げられる話でも無いので、知らない人も多いが、正解は47歳。 なるほど高いけど、そんなものかな、と。 37歳でミャンマーから帰国した時、会社に残…

詳細を見る
2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728