ミャンマー資本市場創設メンバーが語るミャンマー経済・投資の実際

TMH Telecom Public Co., Ltd.が上場(注目のYSX初の公募案件の初値状況)

2018年1月26日、TMH Telecom Public Co., Ltd.(TMH)が、ヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)で5社目となる上場を果たした。 ※同社の公募の募集状況等は、こちら…

詳細を見る

ミャンマー企業の透明性(コーポレートガバナンスおよび会計整備の状況)

2012年から開始した証券取引所開設プロジェクト、その初期におけるチャレンジはミャンマー企業の実態があまりにも不透明であり、網羅的・体系的に把握することがほぼ不可能なことにあった。 これは当局、特にDICAによる企業関連の統計・取りま…

詳細を見る

投資出来るミャンマー企業とは(上場企業 Listed Companyと公開企業Public Companyの違い)

ミャンマー企業への投資を考える際に、投資対象となる企業の法制度上の位置付けを正確に理解しておく必要がある。でなければ、そもそも投資することが出来ない対象への勧誘を受け、詐欺に陥る可能性さえ否定できないだろう。 現時点で一般の外国人は、…

詳細を見る

ミャンマー企業による海外市場でのリバーステイクオーバーによる上場(Reverse Takeoverを解説)

リバーステイクオーバー(RTO : Reverse Takeover)は、Reverse Merger或いはReverse IPOとも呼ばれ、未上場会社が既存の上場会社の買収を通じて、新規の上場申請のプロセスを経ることなく上場を果たすもので…

詳細を見る

ミャンマー関連株式(Memories Group Limited, Reverse Takeoverでカタリストへ上場)

ミャンマー国内の資本市場であるヤンゴン証券取引所(YSX : Yangon Stock Exchange)に対する注目が高まることが期待される一方、外国人投資家にとっては依然投資が認められておらず、そのため、海外市場で上場するミャンマー企業…

詳細を見る

TMH Telecom Public公募条件の決定(ヤンゴン証券取引所初となる注目の公募増資)

2018年1月11日、TMH Telecom Public Co., Ltd.hは最終目論見書を公表し、ブックビルディングの結果を受けた公募条件を明らかにした。 当初公募価格の仮条件は1株あたり3,000~3,300 Ksとされていた…

詳細を見る

ミャンマーの納税状況と国家歳入への影響(納税企業ランキング)

ミャンマー政府は開発が遅れる電力や教育への予算増額を意図するものの、これを阻害しているのが慢性的な財政赤字である。 公務員の汚職の一因は民間対比極めて低いサラリーにあるが、財政赤字の中では現実的に給与の引き上げは難しい。 財政赤…

詳細を見る

ミャンマー証券会社によるオンライントレーディングが開始(投資家による株式売買がオンラインで可能に)

2017年12月26日、ミャンマー証券取引委員会(SECM : Securities Exchange Commission of Myanmar)は以下の4つの証券会社がオンライントレーディング開始にかかる審査を通過したとして、取引の開始…

詳細を見る

ミャンマー日系進出企業数と進出業種(サービス業が先行、エネルギー不足を背景に製造業は依然様子見)

ミャンマーへの進出企業数が延びてこない。 新政権(NLD政権)移行の2016年から明らかに新規の進出ニーズが落ち込んでいる。ミャンマー進出支援を行う当社にとっても2017年は非常に厳しい年であった。 ミャンマー日…

詳細を見る

ミャンマーの景気状況(新政権2年目の2017年の景況感はすこぶる悪化)

2017年12月現在、ミャンマーの景気はすこぶる悪い。 現地の事業家の意見を集約すると2016年末から2017年前半にかけて景気の歯車は狂い始めたようだ。外資系駐在員の悲鳴が聞こえる。資金が回っていないと。 統計データは公表され…

詳細を見る
2020年2月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829